売手向け

人材不足で人手が足りていない

M&Aの要望で特に多いのはIT人材が足りていないため、会社を買ってでも確保したいという問題です。
多くの企業で人材が足りておらず、通常の採用方式では対応が難しくなってきました。

パソコン・スマートフォン等の普及が進み、インターネットの需要が高まってきてIT人材は貴重なものとなってきました。
昨今ではEコマース等のインターネットでの営利活動も増加しており、今後も需要が増加していくことでしょう。
少子高齢化による日本全体の労働者人口の減少の煽りも受けて、人材が集まりにくいという悩みが増えてきました。

そのため、開発者を抱えるシステム開発会社、ソフトウェア開発会社は特に求められています。

 

どのエンジニアリングスキルでも問題ない

システム会社とはいえ基幹システム、ウェブ開発、スマートフォンアプリ開発等ジャンルは様々あります。
ですが、どのジャンルの開発者を抱えていても問題はありません。

基幹システムであれば、SIerの企業で求められます。
ウェブ開発では最近人気の高い言語を習得していることもあり、多くの企業で求められています。
スマートフォンアプリ開発に力を入れ、人材を増やしていく意向の企業も多いです。

求めている企業はそれぞれ異なりますが、どの分野でもかなりのニーズがあります。

 

M&Aによる利益を元手に再出発

エグジット戦略の面で考えるとシステム開発会社の場合は上場が難しいです。
新規上場企業に求められるものは新規性や成長性で、請負の企業よりも自社サービスを持っているところが優先されるからです。

M&Aで譲渡した場合、多くの売却益を得ることができます。
契約により買収先に2年間在籍する必要がありますが、その後に売却益を元手に新しい会社を始めることもできます。
M&A資金を上手く利用することによって、新たな会社を作り上場の夢を叶えられるかもしれません。

M&AテクノロジーはIT業界での知見と経験を活かしてM&Aサービスを提供します。
システム企業会社のM&Aに関心のある方は、M&Aテクノロジーにご相談ください。

関連記事

M&Aの立ち位置
他業種のM&Aとの違い
M&Aで求められる企業とは